社長挨拶

社長挨拶 代表取締役社長 坂本 知也


◎確かな技術力と新たな価値を生み出す創造力で「食」を支える。

 

 私たち小野田化学工業は、日本の食文化の土台を支え、お客様の要望と期待に応えた高品質の肥料、飼料を提供して参りました。

りん酸質肥料の主力商品である「苦土重焼燐」は、回転型焼成炉により燐鉱石から「リン酸カルシウム(焼成りん肥)」を製造し、これをベース原料として多くの製品をご用意させて頂いております。

肥料では、植物に与えるりん酸成分の速効性と遅効性を兼ね備えた苦土重焼燐シリーズ(りん酸質肥料)をはじめ、シリカサポート(けい酸質肥料)や総合ミネラルを含んだマルチサポートシリーズ(苦土質肥料)などご用意し、飼料では、「小野田トリカホス(第3リン酸カルシウム)」などリン酸カルシウム系やミネラル入り混合飼料など取り揃えご好評を頂いております。


創業時より独自技術を開発し、リン酸カルシウム製造過程で副生するフッ素を「氷晶石や弗化ソーダ、副生シリカ」に合成して、鉄鋼や非鉄向けの添加剤、金属表面処理剤として国内外にも販売させて頂いております。

原料を余すことなく利用する製造プロセス「CLOSED SYSTEM」は、SDGsの先駆的な思考として継承して行くと共に、グリーンイノベーション事業として、リン資源を回収し、再資源化を目的とする技術を太平洋セメント社と共同研究し、商品名「リントル」を開発しました。


今後も経営方針である「安全と安心、事業サービスの向上と新たな価値の創出」の下、農業、畜産業、水産業などのお客様の期待する肥料、飼料等をご提案し、地球環境の調和と資源循環型社会に貢献できる企業を目指して参ります。


今後とも皆様の更なるご支援賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

2022年6月17日 

小野田化学工業株式会社 
代表取締役社長 小池敦裕