社長挨拶

社長挨拶 代表取締役社長 松井 伸二


独自の技術力で「食」を支える。


私たち小野田化学工業は、顧客の満足と期待を最優先に高品質の製品を提供いたします。

当社は独自の技術であるロータリーキルンでの燐鉱石焼成による「焼成燐肥(しょうせいりんぴ)」の製造方法を世界に先駆けて確立し、その後も飼料の「小野田トリカホス(燐酸三石灰)」、燐鉱石焼成時に発生する副産物から弗化物の「酸性弗化ソーダ」「合成氷晶石」を開発、更にその副産物を原料とした建材を製造、販売してまいりました。肥料においては「苦土重焼燐」にとどまらず、苦土(マグネシウム)・微量要素肥料、ケイ酸質肥料も製造、販売しております。

限りあるリン資源の回収、再利用を目的とした太平洋セメント社との共同研究の結果、製品名「リントル」として結実させ、資源循環型社会の構築に貢献してまいります。

「安全・安心・安定」をモットーとする経営方針の下で、今後も肥料、飼料をメインとした技術開発に取り組み、農業・畜産・水産分野において、日本国内は元より世界に向けて食の分野で貢献できる企業を目指してまいります。

皆様の一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成30年6月20日 

小野田化学工業株式会社 
代表取締役社長 松井 伸二